株式会社TBM(東京都/中央区)世界初のLIMEXとプラスチックを自動選別・再生する「横須賀工場」が竣工
関東

新サービス・新技術

 独自に開発した石灰石由来の「LIMEX(ライメックス)」は紙の代替素材として幅広く活用され、また、重量ベースで50%以上の再生材料を使った新素材「サークルX」も開発した株式会社TBM(東京都・中央区)は、神奈川県横須賀市にて、回収した使用済みのLIMEXと廃プラスチックを自動選別・再生する、世界初のリサイクルプラント「横須賀工場」が竣工した。
使用済みのLIMEXやプラスチックを自動選別・洗浄し、新たなLIMEX製品やプラスチック製品の材料となる再生ペレットを製造する。この自動選別の技術は独自のプログラムでこの技術を活かし横須賀市と連携し2023年度中に市内全域での容器包装プラスチックと製品プラスチックの一括回収、LIMEX製品の普及および拠点回収品目化に向けた取り組みを推進するとの事。

詳しくは同社HPまで。


戻る