適合チップ、全国へ向け検討 関東ではフォローやトラブル報告も開始
関東

その他

認定NPO法人全国木材資源リサイクル協会連合会(東京・中央、藤枝慎治理事長)は5月25日に都内で、通常総会を開催し、今年度の事業計画として、関東協会で進めている適合チップ認定制度を全国的な制度として活用するための課題について検討し、連合会として木質チップの品質向上と安定供給に務めることなどが決定した。

詳細は循環経済新聞6月11日号に掲載。(出典:日報ビジネス株式会社)

 


戻る