対向流燃焼方式が経済産業大臣賞/優秀環境装置表彰で――JFEエンジニアリング
全国

業界の取組み



受賞後の記念撮影、前列左から3人目が
JFEエンジニアリングの大下元社長
 JFEエンジニアリングは6月、(一社)日本産業機械工業会が主催する「第44回優秀環境装置表彰」で経済産業大臣賞を受賞した。同社の「対向流燃焼方式を適用した廃棄物焼却炉」が評価を受けた。従来から展開していた「高温空気燃焼技術」を発展させた「対向流燃焼方式」を廃棄物焼却炉に採用することでCOやNOx(20~30%削減)の発生量を削減した。従来設置されていた触媒脱硝設備が必要なくなるため、施設のコンパクト化とメンテナンス費用の削減を実現した。また、触媒脱硝設備で消費されていた排ガス加熱用蒸気をタービンに供給できるようになるため、発電量も増加する。(出典元:日報ビジネス)


戻る