2次電池リサイクルの現場を訪問/コスモ 大阪
全国

新サービス・新技術

関西を中心に2次電池のリサイクル業を全国展開している、
コスモ株式会社を訪問した。



コスモ株式会社ホームページはコチラ


そもそも2次電池ってなんだろう。
ご担当者にそこからお聞きした。

→ご担当者
「2次電池というのは、いわゆる充電できる電池です。
 ハイブリット車のバッテリーモジュールや、
 スマートフォンのバッテリーが身近なものですね。」

訪問する前の簡単な前情報では、
処分を依頼された電池を分解して、
レアメタルなどを選別し、金属くずとして販売する事業かと思っていた。

しかしコスモでは、基本的に買取り。
つまり廃棄物として扱っていない。

大きなフローはこうだ。

買い取った2次電池解体、焼成し、
そこから貴重な資源であるコバルトやニッケルを
独自の技術で抽出し、各製品メーカーへ出荷している。



さらに電池リサイクルには危険がともなう。

→ご担当者
「買い取った電池には放電しきっていないものが多く含まれ、
 解体作業時に感電や火災の危険があり、
 解体が難しいものは他社では断られることも多々お聞きします。
 
 弊社は安全確実に解体できる経験豊富なスタッフがおり、
 他社で断られた電池も買取りさせて頂けるため、
 多くのお客様にお選びいただいております。」


ちなみに放電する様子は私も初めてみた。ちょっとおもしろい。

コチラからご覧いただけます。


2次電池のリサイクルという分野は
まだまだ奥が深い。

 


戻る