積替え保管施設オープンで更なる顧客満足を 高産
近畿

新サービス・新技術

大阪で建設系廃棄物と混合廃棄物をメインに、

産廃の中間処理及び収集運搬を営む、

株式会社高産が、新たに積替え保管の許可を取得した。

 

 

5年前に産廃の中間処理場をオープンし、

順調に事業を成長させてきた同社が、

年々高まる排出事業者のニーズに対応するべく、

藤井寺市の国道170号線沿いに積替え保管施設、

藤井寺リサイクルセンターをオープン。

 

次の手を検討していたタイミングで、

幸運にも最適な場所と条件が舞い込んできたことも、

案内の最中に教えてもらうことができた。

 

更に石綿含有廃棄物取扱いの許可も取得し、

より柔軟に受け入れ可能な体制を構築。

 

 

積替え保管施設責任者の高田専務は、

「自社の車輌、コンテナ、中間処理場、そして今回の積替え保管施設を

 最大限に活用し、コストはもちろん、柔軟な対応とサービス品質で、

 排出事業者様に選ばれる会社を作っていきます」と話す。

 

藤井寺リサイクルセンターは170号線から見える、

下記の看板が目印です。

 

 

株式会社高産のホームページはコチラ

コメント (0)

 

コメントを書く

(ニックネーム可)
(投稿内容によっては運営側の判断で許可なく削除する場合がございます。)

戻る