バイオ式の生ごみ処理機を発売/少ない電気で時間短縮――フォレストバイオテック
関東

新サービス・新技術


バイオ式の生ごみ処理機「respo(リスポ)」
 フォレストバイオテックは微生物の力で生ごみを分解し、安全な堆肥を作るバイオ式の生ごみ処理機「respo(リスポ)」の発売を開始した。従来の処理機に比べ、使う電気が少なく、時間も短縮できるのが特長だ。好気性菌の分解レベルを高く保つために温度を与え、攪拌、空気を循環させるとともに、温度制御を菌にあわせてコントロールすることでバイオ菌が活動的になり、生ごみを効率よく分解できる。少ない電気の力を借りながら、ごはん、うどんで最短で1日、トウモロコシの芯でも2週間弱で堆肥にできるという。(出典元:日報ビジネス)

 

戻る