第7回  品質向上パートナーシップセミナー開催! タカヤマ/埼玉県所沢市
関東

セミナー・講習会・イベント

 産業廃棄物の収集運搬・処理業を手がけるタカヤマ(埼玉県所沢市)は7月13日、

東京都内にて「品質向上パートナーシップセミナー」を開催した。

 

 全国のパートナー企業(グリストラップ清掃委託先企業)が集まり、

各社が抱えるリスクを事前にアンケートで集め、その結果をもとに、

優良な企業の事例や、同社の取組みを発表し、活発な意見交換が行われた。

 

 ・実施日時:2018年7月13日(金)14:00-17:00 (懇親会17:15-19:00)

 ・場所:THE LANDMARK SQUARE TOKYO 20F COAST(東京都品川区)

 ・参加者数:29社41名

 

セミナーの様子

 

 

 

 

 今回のセミナーの内容は、主に「リスク管理の現状」、「リスクへの取組み 安全管理/品質管理」、

「未然防止型管理」、「人材採用の取組み」、「選ばれる会社とは」の5題。

 

 

 「リスク管理の現状」では、同社が行った各パートナー企業の視察、リスク診断のチェックリストの結果を発表。

日々の業務にすぐ関わることはできているが、予防、リスク軽減の活動はできていない企業が多いという分析結果となった。

また参加企業の中で優良な研修制度をもつ事例発表なども行われた。

 

 

  「リスクへの取組み」では、安全管理においては事故件数を、3年間で半数以下にした同社の制度を紹介

(安全パトロール・運転者教育研修)。品質管理においては、ヒューマンエラーによる品質低下の課題を受け、

スタッフ研修のノウハウを紹介。座学→研修→実技→成果の確認、技術力を数値化する取組について説明を行った。

 

 

 「未然防止型管理」では、未然防止(プリベンティブ)の活動を行う同社の取組を紹介。

過去(分析)・現在・未来が一目で判る目標管理の事例、各スタッフの個の成長につながる仕組みを公表。

人材育成が未然防止の第一歩であることを説いた。

 

 

 「人材採用の取組み」では、事前アンケート等で、各社人手不足の声がある中、効果的な人材採用制度を紹介。

また会社の想い、価値を伝えるために作成した同社の人材採用動画について鑑賞した。

 

                                     動画はこちら

                                        

   

 

 「選ばれる会社」では、社会(顧客)からの要求事項の確認、作業品質の向上~社会貢献活動の重要性について説明。

パートナー企業とのネットワークにて、アライアンスを組み新たな価値創造を生み出していくことを共有した。 

 

 

 特別講演ではサステイナブル・デザイン研究所の西原弘社長が 「これからの廃棄物処理業~リスクと機会~」

という題で講演した。 廃棄物業界における経営リスクから、業界が世の中に求めている現状を説明。

過去の出来事からの変遷を追って業界の価値を振り返り、今後企業生き残るチャンスが何であるかを説いた。 

 

 

 

今回のセミナーは、各パートナー企業が抱えるリスクの現状を把握し、不足部分の理解を深めることが目的。

 

セミナー担当者は

「仮:各題で優良な取り組み事例を学ぶことができ、大変有意義なセミナーにすることが出来た。

今回のセミナーを生かし、今後もお客様から信頼・選ばれる会社になることを目指したい」 と話す。

 

次回(第8回)のセミナーも来年の同時期に開催を予定している。

 

セミナーに関する詳しい問い合わせはタカヤマまで。

https://www.takayama.org/

 

 


戻る