混廃選別ラインをパッケージ化/費用を抑えて導入しやすく――エヌ・クラフト
東海

業界の取組み

リサイクル機器の総合メーカーのエヌ・クラフト(愛知県岡崎市)は、混合廃棄物の選別ラインをパッケージ化し、

処理事業者が導入しやすい新たな提案を開始した。

投入ホッパー、架台、コンベア、風力選別、磁選機がパッケージに含まれている。

設備は大型車1台で運搬できるコンパクトサイズで設置費用を安く抑えた。


選別ライン

(出典元:日報ビジネス株式会社)

コメント (0)

 

コメントを書く

(ニックネーム可)
(投稿内容によっては運営側の判断で許可なく削除する場合がございます。)

戻る