「かがわ未来へつなぐ環境学習会」へブース出展。香川県産廃協会
四国

セミナー・講習会・イベント

8月5日、サンメッセ香川にて、
様々な環境分野で活動する団体や企業などがブースを出展し、
環境保全活動について知ってもらうことで、
一人ひとりが環境について考え、行動するきっかけになることを目的に、
「かがわ未来へつなぐ環境学習会」が開催され、
一般社団法人香川県産業廃棄物協会がブースを出展した。


 


ブースでは、協会の青年部メンバーがオリジナルで作成した、
「産廃」についての紙芝居を子供達に読み聞かせたり、
ごみを種類別に分別するゲームを行った。



 

ブース運営を行った協会青年部の一人は、
「私たちが想像していた以上に子供達がリサイクルのことや
 分別に関する知識をもっていたことに驚くと同時にとてもうれしく思った。
 大量生産大量消費の時代は遠い昔で、10年後20年後に社会を支える子供達に、
 分別やリサイクルを当たり前と感じてもらえるよう伝えることが我々の使命。
 
 さらに、今後更に重要性を増す環境ビジネスである、
 私たちの業界で働きたいと言う人が増える事を期待しています。」と話してくれた。


 


今後も環境プレスでは廃棄物、資源循環に関わる各業界団体の取り組みも、
積極的に発信していきます。

 

香川県産業廃棄物協会のホームページはコチラ

コメント (0)

 

コメントを書く

(ニックネーム可)
(投稿内容によっては運営側の判断で許可なく削除する場合がございます。)

戻る