年間9700万本も出る「クルマ用廃タイヤ」の知られざるゆくえ
全国

資源・エネルギー

じつは93%もリサイクルされていた

 

 タイヤ交換や廃車の際に出る、使用済みタイヤ=廃タイヤはその後どうなるのか。多くの人が、タイヤ屋などに処分料(4本で1000円前後)を払って引き取ってもらっているはずだが、その後、引き取られたタイヤはゴミとして処理されていると思っている方も多いだろう。

 

【写真】これを見ればタイヤがいつ作られたか誰でも確認できる!

 

 じつは廃タイヤのうち93%はリサイクルされて利用されている。JATMA(一般社団法人 日本自動車タイヤ協会)の資料によると、

2017年の日本国内の廃タイヤの発生量は、9700万本(2425万台分)、重量では1034000トン!

 

 このうち、63%は熱利用(サーマルリサイクル)されている。廃タイヤを細かく切断したものを「タイヤチップ」という。

このタイヤチップは高い発熱量を持ち、エネルギー資源として注目されていて、石炭とタイヤチップを専用のボイラーで混燃させると、

通常の石炭ボイラーよりもNOx(窒素酸化物)の発生が少なく、SOx(硫黄酸化物)も脱硫装置により排出量を減らせるので、

環境に優しい燃料として使えるのだ。

 

 とくに製紙工場のボイラーで、タイヤチップは重宝されている、熱利用される廃タイヤの42%が製紙工場で活用され、

その他はセメント焼成用や化学工場などが買い入れている。ちなみに、このタイヤチップ、国内発生分だけでは需要を満たせず、

わざわざ海外から買い入れてとのこと!

 

 あとは中古タイヤとして海外に輸出されるケースが13%、国内で更生タイヤ台用や再生ゴム・ゴム粉として再利用されるのが17%。埋め立て処分などになるのは、1%しかない。一時期、廃タイヤの不法投棄などが話題になったが、タイヤは優良な資源なので、

きちんとタイヤショップなどに引き取ってもらうこと。

 

 廃タイヤは産業廃棄物の扱いになるので、不法投棄すると5年以下の懲役、または1000万円の罰金、もしくはその両方が課せられるので、不法投棄は絶対にNG。中古タイヤ店での買い取りや、個人でオークションで販売するのはレアなケースで、サーキットのタイヤバリアや公園の遊具として使われるようなのもごく少数でしかない。

 

 いずれにせよ、すり減ったタイヤは危険なので早め早めに交換し、廃タイヤとして専門店に引き取ってもらって、有効にリサイクルしてもらうことにしよう。

WEBCARTOP)

【詳しくはこちら】

参考:JATMAのホームページ

 

(出典元:WEBCARTOP)


戻る