【シリーズ】川崎エコタウン Vol.1 ~公害問題への取組により蓄積した環境技術~
関東

業界の取組み

Vol. 1では、川崎市の公害への取組を説明します。

 

                                                                                                         (資提供:川崎市

 左側の写真は1960年代の高度経済成長期の川崎臨海部の写真です。

工場から、もくもくとした煙が出ており、いかにも周辺環境に悪影響がありそうです。

 

この時期の川崎臨海部では、数多くの工場が積極的に生産活動を行い、日本の経済を牽引する一方で

この写真のように大気が汚れ、水が汚れ、近隣市民の健康にも影響が出てしまうほどの

大きな公害問題に直面していました。

 

 

 

それでは次に、市民・企業・行政がそれぞれ公害問題にどう取組み、この写真のように

青い空や川・海を取り戻すことができたのか紹介します。

 

 

 

                                                                                                           (資提供川崎市)

 

 

 まず企業ですが、公害対策への積極的な投資を行い、公害防止技術・ノウハウの開発や

公害防止関連技術者の養成に努めました。

 

次に市民ですが、苦情・請願といった行動を起こすことで、企業や行政に公害対策の取組を促しました。

このような取組を通じ、今でも川崎市民の環境意識は高いです。

 

最後に行政ですが、公害の被害に苦しんでいた市民を救済する制度の整備や、

市内39の工場と大気汚染防止に関する協定の締結、全国に先駆けた公害防止条例の制定、

大気のモニタリング体制の整備を行いました。

 

 

このような3者の取組により、大幅な環境改善が実現し、これらの過程のなかで優れた環境技術・ノウハウが

川崎市に蓄積されていきました。

 

 

 

 次回Vol.2では、川崎市が第一号で認定を受けた、エコタウン事業とは何かを説明します。

 

 

 

 

【バックナンバー】【シリーズ】川崎エコタウンVol.0 ~はじめに~

 

 

コメント (0)

 

コメントを書く

(ニックネーム可)
(投稿内容によっては運営側の判断で許可なく削除する場合がございます。)

戻る