バイオマス発電の電力を地元で/大仙こまちパワーを設立――タケエイ
関東

業界の取組み

 建廃大手のタケエイは、再生可能エネルギーによる電力の小売事業を行うため、8月17日、

小売電気事業者大仙こまちパワー(秋田県大仙市、輿石浩社長)を設立したことを明らかにした。

現在、秋田県大仙市にて発電所建設工事を進めている秋田グリーン電力において、

発電した電力を地元に供給して利用を促進し、エネルギーの地産地消をより一層推進するため、

新電力会社として同社の設立に至った。

(出典元:日報ビジネス)


戻る