レオパレス21、全国23拠点に廃棄物総合管理システムを導入
全国

新サービス・新技術

株式会社レオパレス21(東京都中野区、社長:深山英世、以下レオパレス21)は、自社から排出される産業廃棄物の適正管理をより一層推進するため、

株式会社JEMS(東京都千代田区、代表取締役:須永裕毅、以下JEMS)と廃棄物情報の統一的な管理を実現する廃棄物総合管理システムの導入と、

処理委託契約を一元管理する組織「レオパレス廃棄物管理センター」を設置することで合意し、本日8月29日から2拠点(岡山・広島)に導入開始いたしました。

こちらを皮切りに、2018年度内には首都圏を含む全23拠点に導入を完了する予定です。

なお、新体制への移行については、開発事業より排出される廃棄物処理から、支店別に2018年8月より順次移行し、2019年春までの移行完了を予定しています。

 

事業活動から生じる産業廃棄物については、廃棄物の処理及び清掃に関する法律(以下、廃棄物処理法)により、

その適正な管理が求められています。排出事業者は、産業廃棄物処理業者(以下、処理業者)が保有する許可証の管理、

処理業者と締結する廃棄物処理委託契約書の管理、廃棄物のマニフェスト管理を遵守し、排出した産業廃棄物の発生から

最終処分までの一連の処理について、適正管理を行う必要があります。

廃棄物規制が年々厳しくなる傾向にある中、レオパレス21は、アパートの建設工事で生じる産業廃棄物において、

JEMSが運営する廃棄物総合管理システム「GENESYS-ECO」を導入し、許可証・処理委託契約書・電子マニフェストをクラウドサービスで総合管理、

および電子契約することを可能にしました。さらに、JEMS内に「レオパレス廃棄物管理センター」を設置することにより、

これまで全国各支店で分散管理をしていた処理委託契約を、本部で一元管理する体制を構築いたしました。

 

 

 

(出典元:CNET JAPAN)

 


戻る