埼玉でバイオガス事業構想/食廃対象に40t/日規模――三菱マテリアル
関東

業界の取組み

三菱マテリアルは、埼玉県富士見市、ふじみ野市、三芳町で構成する入間東部地区事務組合の敷地内で、

2020年4月をめどに食品廃棄物を対象としたバイオガス発電事業を開始する。

事業化に向けて、新会社「ニューエナジーふじみ野」(天海泰成社長)を同敷地内に設立したと発表した。

(出典元:日報ビジネス株式会社)


戻る