川崎市がEVごみ収集車 来年2月から、川崎区で2台運用
関東

新サービス・新技術

  川崎市は、ごみ収集用の電気自動車(EV)の運用を来年二月から始める。ごみの焼却に伴う発電を活用し、充電した電池を収集車に

搭載する仕組みだ。実用化は日本で初めて。この収集車は二酸化炭素(CO2)や窒素酸化物(NOx)を排出せず、災害時の非常用電源として

避難所の照明などにも利用できるという。

 

 

EVごみ収集車と電池ステーションのイメージ。車両やステーションのデザインは変更予定という。(ともに川崎市提供)

 

 市によると、EVごみ収集車は、川崎区塩浜の南部生活環境事業所に二台配置され、区内で使われる。電池の容量は四十キロワット時で、

フル充電により六十キロ走行できる。

ごみ処理施設の浮島処理センター(川崎区浮島町)に、専用の電池ステーションを設置。ごみの焼却で得られた電気をステーションに送って電池を

充電し、収集車がそこに立ち寄って電池を交換する。

 市環境局の担当者は「車内からボタンを押すと、約三分で電池を自動交換できるため、効率的な作業が可能」と説明する。他自治体からの

問い合わせも多いという。市は二〇一六年三月~一七年二月、JFEエンジニアリングとともにEV収集車の実証試験を実施。

災害時の非常用電源になるのも特徴で、一六年八月に多摩区で行った防災訓練で、携帯電話の充電や照明などに活用した。

 市は「エネルギー循環型ごみ収集システム」の事業費として、約六千万円を本年度予算に計上。

担当者は、今後の追加導入に関して「来年二月からの稼働状況を見ながら検討する」と話している。

 

(出典元:産廃WEB)


戻る