パンの44%が廃棄処分、だからビールを作りました
全国

新サービス・新技術

 「トースト(乾杯)」と書かれた瓶ラベルを初めて見たら、「とりあえずビール」にぴったりな酒と思うかもしれない。一口味わってもその印象は変わらない。

宴会の場が盛り上がりそうな、口当たりのいいクラフトビール──それが「トーストエール」だ。

実はこのビールの名前の由来は乾杯ではなく、原料になったパンのトーストにある。より正確に言うと、残り物のパンだ。イギリスで製造されたパンの何と44%が

廃棄されているらしい。一般家庭だけでなく、メーカーも過剰生産したパンを捨てる。品切れで客を逃すよりも、多めに製造するほうが安上がりだという。

この現実にロンドンの醸造所「トースト」が目を付けた。メーカーが処分するパンには、ビール醸造でそのまま使える穀物が含まれているのだ。

「食品廃棄物の活用こそ、世界的な環境問題に対する最も簡単な解決策だ」と、トーストの共同設立者ルイーサ・ザイアンは言う。

「大掛かりな構造的変化は必要ない。行動を変えるだけでいい。こうした考えを広めて、手本になれればと思っている」

ただ、ビールメーカー1社だけでは状況は変わらない。イギリスでは毎年、トースト約2400万枚分のパンが家庭ごみとして捨てられる。2016年に設立されたトースト醸造所が使ったパンの量は、この秋で100万枚を達成。メーカーと醸造所がもっと参入すれば、未来は明るい。

トースト醸造所は製造法をネットで公開し、イギリス6州の醸造所とも協力。ラガーやペールエールも出そろっている。

パンからビールを作るのは目新しいことではない。古代文明でも実践され、パンに含まれる穀物を発酵させれば通常の原料の約3分の1を確保できる。

カビはビールの大敵なので、新しいものでなければならないが、パンの耳でもいい。もちろん完成したビールは、パンの味はしない。

こうした動きはサーキュラー・エコノミーであるとともに、「アップサイクリング」でもある。古いビール瓶から新しい瓶を再生する「リ」サイクルに対し、不用品やごみから価値の高いものを生むのが「アップ」サイクリングだ。

この流れは広まりつつある。英大手小売りグループのマークス&スペンサーもその1つ。サンドイッチの納入業者から醸造所に余ったパンを提供させ、そうしてできたビールをマークス&スペンサーで売っている。まさにサークルの完成だ。

(出典元:産廃WEB)


戻る