リマテック九州(株式会社大分県臼杵市) 日本検査キューエイ社 JICQAフォーラムで講演を実施
九州

業界の取組み

 産業廃棄物処理、再資源化事業、廃棄物資源化プラントの設計、廃棄物再資源化のエンジニアリング業務などを行うリマテック九州(株式会社大分県臼杵市) が、日本検査キューエイ社 JICQAフォーラムで講演を実施した。

ISO審査登録機関である、日本検査キューエイ株式会社が主催するJICQAフォーラムが、東京(2019年2月1日)と大阪(2019年2月12日)で開催され、各分野から各々100名の方々が聴講に訪れた。フォーラムは「労働安全衛生マネジメントシステムの活用で、潜在的災害リスクの低減を図るには」のテーマで、労働安全衛生マネジメントシステム「ISO450001」の導入ポイントについてJICQA担当部長による説明の他に、企業におけるOHSAS及びISO450001の取り組み状況ついて、3社による基調講演が行われた。

その内の1社に同社が選ばれ、代表取締役社長の矢野氏がISO45001認証取得モデル企業として、「登録組織様によるOHSMS運用実例発表」というテーマで、ISO45001導入後、強化されたリスクアセスメントや、経営に直結する危険源の特定などの安全活動に対する新たな取り組み状況および、ESG経営やSDGs等、経営サイドから見た今後の事業運用について講演を行った。

 

詳しくは同社HPまで。

 

戻る