三洋商事株式会社(東京都/千代田区)  森林整備を実施
関東

業界の取組み

 主に通信機器、交換機、コンピューター類の収集運搬及び処理などを行う三洋商事株式会社(東京都・千代田区)が、アドプトフォレスト活動を行っている、大阪府南河内郡河南町持尾の果樹山にて森林整備を実施した。
この活動は、2月18日~22日の5日間、NPO法人里山倶楽部の協力の元行われた。
昨年の大型台風で倒れた樹木の裁断、枝葉や幹を粉砕機で粉末化して山に戻し、草刈り機で長く伸びた笹を丁寧に刈り込み、林内がきれいに片付いた後は、果樹を一本一本剪定。
3月には同社従業員の家族を招いて、引き続き保全活動を行う予定。
 
アドプトフォレスト制度は、大阪府が事業者と森林所有者の仲人となり、地域(里山)の環境保全や生物多様性の確保、地球温暖化の防止のため、放置された森林や竹林を下刈りや間伐、植樹等による森づくり活動を進めるための制度。
 

戻る