株式会社JEMS(茨城県/つくば市) 24時間WEBで受付「将軍―INXS」提供開始
関東

新サービス・新技術

 廃棄物管理の基幹システムで業界トップシェアを誇るJEMS(茨城県つくば市、須永裕毅社長、☎029・863・7215)は、24時間、排出事業者から処理委託を受け付けられるWEBシステム「将軍―INXS」の提供を開始した。排出側はスマホやパソコンの画面上で依頼内容を規定の項目から選ぶだけ。発注者、受注者双方がミスを防げる安全安心で、効率的なサービスとなっている。

 廃棄物処理事業者の受注業務はきわめて煩雑とされる。電話やFAXによる依頼や問い合わせが1日数十件を超えることもある。聞き間違いや、言い間違いを確認するための折り返しの電話などの対応にも追われる。ミス・トラブルの未然防止や業務の効率化が課題となっていた。

 今回、提供する新システムは顧客がいつでも回収依頼予約や持ち込み予約を行うことができる上、注文履歴が残るので、「言った、言わない」のやりとりを回避でき、予約確認の電話を減らせる。また、排出側が必要な時に委託契約情報をはじめマニフェストの処理状況、交付状況を確認でき、処理側がWEBで公開した許可情報を排出側が必要な時に確認できるなどコンプライアンス面でも多くのメリットがあるという。同社では「受付時のサービス向上や同業他社との差別化につながる」としている。
 
 
(出典元:循環経済新聞)
 

 

戻る