荏原環境プラント株式会社(東京都/大田区) 三沢市ごみ焼却施設整備運営事業の受注
関東

新サービス・新技術

 この度、荏原環境プラント株式会社(社長:渡邉 良夫、本社:東京都大田区)は、同社を代表企業とするグループとして、青森県三沢市(市長:小檜山 吉紀)より「三沢市ごみ焼却施設整備運営事業」を受注した。

本事業の事業方式は、 DBO(Design-Build-Operate)方式が採用されており、エネルギー回収型廃棄物処理施設を建設し、その後20年間の事業運営を行うもの。三沢市が目指す「可燃ごみ・可燃残渣、し尿処理施設からの汚泥等の適正な処理」、「民間事業者の創意工夫による市財政負担の軽減並びに公共サービスの水準向上」をさらに高い次元で達成することを目指し、公害防止基準値の確実な遵守、周辺住民の安全・安心の確保等に関する相互協力のもと、安全安心な施設の設計建設及び管理運営の実現に取り組む。
 
同社は、安全安心な施設整備・運営維持管理を実施するとともに、地域経済への貢献及び地域活性化、安定性や継続性を重視した事業運営を基本方針として、持続可能な地域社会の実現に貢献していく。
 

戻る