株式会社リサイクルクリーン(静岡県/浜松市) 岡部工場新選別ラインが稼働
東海

新サービス・新技術

 浜松市の一般廃棄物収集運搬、産業廃棄物の収集運搬・中間処理、古紙再資源化、医療系廃棄物、機密書類リサイクルなど行う株式会社リサイクルクリーン(静岡県・浜松市)の岡部工場新選別ラインが稼働開始。

投入された廃棄物は「バリオセパレーター」という機械選別機によって「軽量物」「重量物」「砂状物」の三種類に選別され、「軽量物」は不適物を除去し、圧縮プレスされ、同社袋井RPF工場で廃棄物由来の固形燃料「RPF」の原料となる。

同社はリサイクルクリーン大川工場(浜松市天竜区大川)、岡部工場で、新しい選別ラインの入れ替えを行い、その結果、3月末において約300トンの可燃物が以前より多く選別され、リサイクル率が向上している。

少しでも埋め立てや単純焼却の量を減らすことで環境負荷は低減されるため、同社ではより高精度な選別を行うことによって、廃棄物の有効利用・リサイクルを目指していく考え。

 

詳しくは同社HPまで。


戻る