株式会社タイヨー(広島県/広島市) 混合廃棄物の大型選別ラインを導入
中国

新サービス・新技術

 広島市及び安芸郡を中心に一般廃棄物、産業廃棄物及び特別管理産業廃棄物の収集運搬、 破砕等による中間処理に係わる事業のほか、近年は循環型社会構築のため、各種リサイクル事業に力を入れている株式会社タイヨー(広島県・広島市)は、中間処理工場に混合廃棄物の大型選別ラインを導入した。

4月から本格稼働を開始し、処理能力は日量127.2トン。

総工費は約1億5000万円で、うち半額は県の補助金を活用した。

同社はリサイクル率の大幅アップによる埋立処分量の削減とともに、従業員の作業環境の改善につなげていく考え。

(4月13日週刊循環経済新聞記事)

 

詳しくは同社HPまで。


戻る