株式会社関西再資源ネットワーク(大阪府/堺市) 食品廃棄物に混入するプラスチックなどの資源高度洗浄利用と洗浄液による発電実証試験
近畿

業界の取組み

 一般廃棄物収集運搬(堺市、大阪市)、「炭化」という手法を用いての再資源化処理を行う株式会社関西再資源ネットワーク(大阪府・堺市)は、食品廃棄物に混入するプラスチックなどの資源高度洗浄利用と洗浄液による発電実証試験を開始した。

同社は効率の良いリサイクルおよび再生製品(炭)の安心・安全な利用を目指し、包装容器等のプラスチック類の分別の協力を客先へお願いしているが、これらプラスチック類を100%客先の手で取り除くことは難しいとのこと。

プラスチック類は、機械で分離したあと、できる限り軽量化し、産業廃棄物として適正な処分を行っている。

しかし、焼却処理等による環境負荷等を鑑みると、プラスチック類の有効な再生利用方法を検討する必要がある。

今回同社では、これら食品廃棄物中に含まれるプラスチック類のさらなる高度分別利用を目的に、「プラスチック類の分別・洗浄施設」を整備するとともに、発電事業者と提携のもと洗浄液が有機物を多く含むという特徴を活かし、「メタンガス化による発電」の実証試験を開始した。

同社では今後も食品廃棄物について、さらなる高度カスケード利用とサービスの益々の向上を目指し、様々な取り組みを行い、新たなリサイクルネットワークを構築していく考えとのこと。

 

詳しくは同社HPまで。


戻る