荏原環境プラント株式会社(東京都/大田区)桑名広域清掃事業組合ごみ処理施設整備運営事業開始
関東

新サービス・新技術

 廃棄物処理事業を中心に、環境・エネルギー関連施設の設計施工及び維持管理・補修工事などを行う荏原環境プラント株式会社(東京都・大田区)は、2017年に受注した「桑名広域清掃事業組合ごみ処理施設整備運営事業」における施設建設を進め、2019年12月に同施設「桑名広域清掃事業組合可燃ごみ焼却施設」の建設工事を完了した。

本事業は、桑名市、木曽岬町、東員町から排出されるごみを処理する、新たな可燃ごみ焼却施設の建設及び20年間の運営、既存施設のリサイクルプラザ、プラスチック圧縮梱包施設等の運営を一体的に実施するものであり、安定したごみ処理を行うとともにCO₂排出量を抑制し環境負荷の低減を図っている。

また、高温高圧ボイラを採用し、より高効率なごみ発電が可能となり、発電した電気は本施設の各設備や展示、給湯の他、より多くの地域施設に供給することで地域の環境負荷低減に貢献できるとのこと。

同社は環境学習、啓発機能を併せ持ち、3Rや循環型社会について学ぶことができ、見学者コースにはマスコットキャラクターの「モフリン」が楽しく分かりやすく説明する。

今後は環境に関する体験学習、夏休み環境啓発イベントの開催を通じて、来場者の皆様とのコミュニケーションを図り、地域に親しまれる施設運営を目指していく考え。

 

 

詳しくは同社HPまで。


戻る