静岡ガス(静岡県/静岡市) 静岡県富士市と「温暖化対策包括連携協定」を締結
東海

資源・エネルギー

 静岡ガスグループで電力事業を展開する静岡ガス&パワー株式会社(静岡県・富士市)と静岡ガス株式会社(静岡県・静岡市)、日本ファシリティ・ソリューション株式会社(東京都・品川区)は3社共同で、静岡県富士市と「富士市公共施設温暖化対策への協力と連携に関する包括連携協定」を締結した。協定期間は2031年3月末までで、「官民連携」で温室効果ガスの排出削減に取り組んでいく。

静岡ガス&パワーを代表とする3社は富士市の公募型プロポーザルにおいて、ごみ焼却から選別、再生までを一体で手掛ける富士市新環境クリーンセンター(2020年10月稼働予定)で発電する電力を調達して富士市の公共施設に供給するほか、公共施設の省エネルギー改修などを共同提案し、最優秀提案者に選定された。

同社は富士市内に所有する発電所を活用して電力の地産地消を進め、富士市が2030年度に目指す温室効果ガス排出量40%削減(2013年度比)を後押する。また、静岡ガスグループの総力をあげて、再生可能エネルギーの普及・拡大、新たなテクノロジーの導入を推進し、環境にやさしく、災害に強いまちづくりに長期間にわたり関わることで、「SDGs未来都市」に選定された富士市の取り組みに貢献していくとのこと。

同社はガスや電気などのエネルギーにとどまらず、地域社会の課題を解決する、近くて頼れる「地域No.1ソリューション企業グループ」を目指す考え。

 

詳しくは同社HPまで


戻る