株式会社白川商店(福島県/郡山市) パネルのリサイクルを開始
北海道・東北

新サービス・新技術

 製鉄原料の加工・販売事業や産業廃棄物処理事業を展開する株式会社白川商店(福島県・郡山市)は今年、太陽光パネルのリサイクル事業を開始した。未来創造(山形県・米沢市)製の手動式のカバーガラス剥離装置(1.6トン/日)を新たに導入して処理を進めている。

同社は太陽光パネルリサイクル事業の開始にあたって、産業廃棄物処分業の許可を昨年10月10日に追加し、太陽光パネル(廃プラスチック類、金属くず、ガラスくず)の処理が行えるようになった。

この事業を展開する企業は県内でまだ少ないため、今後3年程度した段階で事業を見極め、新設備導入も含めた事業拡大の判断も行うという。

 

株式会社白川商店                                           【出典元:日報ビジネス


戻る