(公社)大阪産廃協会 設立30周年の節目に名称変更
近畿

業界の取組み

公益社団法人 大阪府産業廃棄物協会は、

6月18日、スイスホテル南海大阪にて定時総会を開催し、

近年の産業廃棄物処理業を取り巻く状況を踏まえ、法人化30周年という節目にあたり、

新たな時代の要請に沿ったものとなるよう、

団体名を、公益社団法人大阪府産業資源循環協会への変更が提案され、

満場一致で承認、可決された。

従来の理念を継承しつつ、「新たな業界のビジョン」を提示し、

これを実現できるよう取り組んでいく。
 

 

公益社団法人大阪府産業資源循環協会ホームページ

 

また、協会のロゴも、自然や優しさを連想させる明るいグリーンを配色し、
真ん中に「資源の循環」をシンボリックに表現した信頼感の漂うロゴマークに
リニューアルした。

 

新ロゴはコチラ

 

 

 

 

 

コメント (0)

 

コメントを書く

(ニックネーム可)
(投稿内容によっては運営側の判断で許可なく削除する場合がございます。)

戻る