低コストな自己修復マットを開発/遮水シート破損検知で――大林組
全国

新サービス・新技術

大林組は、廃棄物最終処分場で遮水シートの破損による漏水を検知する導電性マットと、素材の特性で小さな穴や隙間を塞ぐ自己修復マットを一体化し、低コスト、短工期を実現する「導電性自己修復マット」を開発した。(出典:日報ビジネス株式会社) 


戻る