【エクオnoコラム】vol,11  DXと2025年の崖とは!?
全国

新サービス・新技術

廃棄物業界でも、ちらほらと聞くようになったDX(デジタルトランスフォーメーション)。

IT、IOT、ICTときて、次にはDX。。。
インターネットが関係していることはわかるけど、
一体何が何で、どう違うのかというご質問をいただくことがあります。

ざっくりと説明すると、IT、IOT、ICTはインターネットを使った技術、仕組みで、
DXは、インターネットを活用することで各企業、団体、暮らしを前進させるという、
考え方のことです。

DX(デジタルトランスフォーメーション)は、何年も前から提唱されていた考え方ですが、
コロナ禍において、必要性が急速に高まり、認知度が上がったものです。


また、DXに付随して「2025年の崖」という言葉をご存じでしょうか。
こちらもざっくり説明すると、
現在動いている(使用している)システムを構築したIT人材の引退により、
サポートできるエンジニアがおらず、企業活動に影響を及ぼす事を指しています。

2025年。。。すぐそこですよね。

みなさんの会社でも、昔から使っている管理システムのまま、
昔から居る(もしくは、居た)スタッフが、工夫に工夫を重ねて、
いまや全体がどうなっているのかわからない、直せない、
なんてことありませんか。

このような状況により、
2025年~30年の間に最大12兆円の経済損失が生じるという予測もあります。



弊社でも、コロナ禍においても業務を行っていかなければならない為、
業務管理のクラウド化に関するお問合わせを大変多くいただいております。

DXやクラウド化に対するハードルをグンと下げていただき、
「こんなことがしたい」の前に、
「何ができるの? どう改善できるの??」からお気軽にご相談いただきましたら、
廃棄物業界に特化したノウハウと実績を基に、
まずはご検討いただくための、ヒアリングとご提案をさせていただきます。


エクオ株式会社
https://www.eco-promo.jp/

 

【バックナンバー】

vol,10 環境展に出展いたします。

vol,9 Internet Explorerは危険!?

vol,8 アフターコロナの人材確保が重要!!

vol,7 「予ろシク」導入企業様インタビュー

vol,6 優良認定基準の見直しに係る改正省令の概要

vol,5 ネット上の悪評判を対策!

vol,4 クレジット決済で集金の手間いらず!

vol,3 工場見学がWEB上で可能に!

vol,2 処理施設の受入予約は排出事業者にお任せ!

vol,1 afterコロナとwithコロナ


戻る