災害時の廃棄物処理で協定/車両出動などで協力――名古屋市浄化槽協議会
東海

業界の取組み

名古屋市浄化槽協議会(事務局・名古屋市、木村諭意智会長)は5月29日、名古屋市との間で締結している「災害時における廃棄物の処理等に関する協定書」の内容を更新した。頻発する水害や発生が懸念される南海トラフ地震を想定、市内の浄化槽や下水道が損壊した際に、仮設トイレのくみ取り、災害で発生する廃棄物の収集運搬を行う。木村会長は、「災害が発生しないことに越したことはないが、浄化槽や下水道などのライフラインが機能しなくなった時にはプロとして全力で支援する」と述べている。(出典:日報ビジネス株式会社)


戻る